ポーカーのVPIPとは?数字の意味と適正値・平均値を解説

VPIP(Voluntarily Put Chips In Pot)の略で、参加率のことをいいます。

オンラインポーカーなどではこちらを表示して相手の参加率から相手のハンドレンジ(どんな手で参加しているか)を予想します。

例えば、以下の状況を想像してみてください。

VPIPが50%のAと10%のBではどちらの方が参加していますか?
いうまでもなく前者ですよね。もちろん50ハンドとかの統計ではブレがありますが1万ハンドでの統計となると信頼性が増します。

特定のハンドが来る確率はみな平等なのでAのプレイヤーは明らかに参加しすぎです。すなわちハンドレンジが広く、Bのプレイヤーよりも弱いハンドが出てくる可能性があがります。

6-MAX(6人でプレイするテキサスホールデム)の場合の平均的なVPIPは19%~25%になります。

まとめ

  • VPIPとはゲームへの参加率のこと
  • 例で挙げたプレイヤーAは参加しすぎ、プレイヤーBは参加しなさすぎ。何事も適度が大事(笑)
>オンラインポーカーアプリ「KK POKER」

オンラインポーカーアプリ「KK POKER」

KKPoker(KKポーカー)は、iPhoneで簡単に操作ができる"リアルマネー"のオンラインポーカーアプリ。美しくシンプルなUIで、テキサスホールデムポーカーを覚えたての初心者の方も安心してプレイできます。

CTR IMG